フロントラインプラスキャットを楽天最安値は?

フロントラインプラス猫用を楽天市場で安く!賢く購入する方法

今年もノミダニの発生する季節がやってきました。駆虫薬買っておかなくちゃ・・・ということで、フロントラインプラスを購入しようと色々調べました。

 

猫用品はどこで購入していますか?私はもっぱらネット購入です。近くにホームセンターもありますし、少し車を走らせれば大型のペットショップへも行けますが、やっぱりネット購入は便利です。

 

何と言っても猫砂やキャットフードはかさばるし重いですから。わが家はトイレの始末がイマイチなお嬢さんもいてペットシーツも結構使うので。

 

一番よく使うのが楽天市場です。今回は、これからの季節の必需品、フロントラインプラスの楽天最安値と購入するときの注意点を紹介します。

 

 

 

 

フロントラインプラスはいくつ必要?猫の数と予防期間

 

猫に付くやっかいな外部寄生虫の代表格であるノミは春から秋がもっとも活発になるときです。見つけては1匹1匹駆除するなんて一昔の話。

 

現在はスポットタイプの駆虫薬が大活躍です。効果は約1ヶ月続くのでシーズン中は月に1度背中にチュッと滴下するだけでノミとマダニの寄生を阻止できます。

 

では、どのくらいの期間投与すれば良いのか?できれば一年を通して予防したほうが良いという意見も聞きますが、個人的にはシーズン中だけで良いと思ってます。

 

いくら安全性が認められているといってもやっぱり薬品ですからね。フィプロニルは農薬です。

 

ノミダニの活動期間と猫への寄生リスク

 

ノミが活発になる時期は、3月~12月 ダニは7月~9月です。ただ、ノミは室温が13℃を超えていれば冬でも活動します。ダニの感染が一番多いのは梅雨と秋ですが、こちらも1年中生息はしています。

 

こう考えると、やっぱり通年で投与したほうが良いような気もしますが、それは生活環境と飼い主さんの考え方で決めて良いと思います。

 

ノミが一番活発になるのは3月~12月

 

フロントラインプラスの販売単位

 

フロントラインは通常1本・3本入り・6本入りで販売されています。ショップによっては、3本入りと6本入りのセットにして9本セットのこともあります。

 

あとは、6本入り2セットで12本が多いです。中には、5箱セット(30本)、10箱(60本)で販売しているショップもありました。ブリーダーか保護ボランティアは必要かもしれませんけど、一般の猫飼いさんにはどうかな?

 

フロントラインプラスは使用期限があります。薬剤としての有効期間ですね。そのため、安いからと大量に購入するのはおすすめできません。

 

フロントラインプラスはネット購入でどのくらい得?

 

猫のノミダニ駆虫薬フロントラインプラスを楽天で安く購入する

実際に動物病院で投与してもらった場合いくらかかるでしょう?ペットにかかる診療費は自由診療なので、各動物病院によって違います。

 

ただ、大まかにこのくらいという料金はあります。大体1本1,000円~1,500円くらいが相場のようです。ここに再診料や処置料などがかかる場合もありますね。

 

毎月通院するのは猫にも負担なので、動物病院でまとめて購入する方も多いです。1本あたり1,000円であれば良心的なお値段といえます。

 

楽天ショップでフロントラインはいくらで買えるか

 

さて、楽天に出店しているショップでフロントラインプラスはいくらくらいで販売しているのか、です。ショッピングサイトに最安値をすぐに調べられますので手間ナシ・・・ではないのです。現時点では。

 

その理由は、商品カテゴリが分かれちゃってるから。これって多分出品するお店側が違う商品として出してしまっているせいだと思います。

 

とにかく、これが最安値だ!と思っても実は他にも安いお店があった、ということがあります。この記事を書いている時点で、3つの商品がそれぞれ一覧(”最安値を見る”をクリックすると出てくる商品一覧)になっています。

 

フロントラインプラス6ピペット(1)の最安値

 

フロントラインプラス6ピペット(2)の最安値

 

フロントラインプラス6ピペット(3)の最安値

 

 

まぁ、扱っているショップ自体がそれほど多くないから、一覧で見てもそれほど迷わないと思いますのでこちらも載せておきます。

 

フロントラインプラス6本入り(複数セット販売含む)の一覧

 

それぞれの最安値を2019/4/22時点で見てみます。

 

(1)3,728円【ハッピーMD】
(2)3,732円【本間アニマルメディカルサプライ】
(3)3,780円【ペット健康便】

 

上記はすべて6本入りの値段です。【 】は販売ショップ、税込み送料込みでした。今回はたいして差がない結果となりましたが、4千円台、5千円以上で販売しているショップもあります。

 

上記の価格あたりが安く購入する目安になると思います。(6本入りの場合)

 

ただ、値段だけで決めるのは早計です。

 

フロントラインプラスは使用期限を確認して購入を!

 

フロントラインに限らず、医薬品にも使用期限があります。決められた期限を過ぎた薬剤は、有効性・安全性ともに確認がされていないのでもったいないからと言って使わないようにしましょう。

 

フロントラインプラスの使用期限は、製造後36ヶ月(3年)です。

 

スポットオンとプラスは1回使いきりです。猫用は1種類だけなので、そうそうないと思いますが、封を開けてしまってからの保管はやめましょう。

 

犬用はXS・S・M・L・XLなど、1ピペットの用量によって種類があります。XSが猫用と同じ0.5ml、XLが4.02ml。体の大きさが違えば使用量も違うのは当たり前ですね。

 

さて、使用期限に関してですが、一覧で出る商品説明にきちんと記載しているショップはそう多くありません。商品の詳細説明に記載されていることが多いので、確認してくださいね。

 

これはハッピーMDさんに記載ありました。

 

これはペットビジョンさん。

 

また、私が療法食などでもお世話になっている松波動物メディカル通信販売部は、使用期限の記載があります。

 

 

記載がない場合は、メールで問い合わせるとどのショップも答えてくれると思います。大事なことですからね。

 

たまに、使用期限の短い商品が特価として販売されることもあるかもしれません。すぐに使うのであればお買い得かも。

 

犬用のフロントラインを猫に使っても大丈夫?

 

猫のノミダニ駆虫薬フロントラインプラスを楽天で安く購入する

先述しましたが、犬用のフロントラインプラスは用量の多いものもあります。ここで、犬用を猫に使っても問題がないか?と疑問に思う人もいるでしょう。犬猫どちらも飼っている人も少なくないですし。

 

結論を先に言うと、猫には猫用を使ったほうが無難・・・です。なんとも曖昧な回答ですが、理由はふたつあります。

 

猫に合った分量をきちんと投与できる?

 

犬用の用量の大きいもので複数の猫または小型犬に与えることを考えると思いますが、ピペットの中の薬剤を半分だけチュッと押し出すってけっこう難しいです。

 

別の容器に分けてから、なんて面倒ですしそれ以上に成分が変わってしまったり、アルコールがとんでうまく猫の体表に行き渡りづらくなってしまうかも。

 

犬用と猫用のフロントラインは同じ成分?

 

有効成分は同じです。ノミダニの成虫に効くフィプロニルと、ノミの卵と幼虫の成長阻害薬のS-メトプレンです。では、まったく同じ製品かと言うとちょっと違います。

 

猫用は1ml中にフィプロニル100.0mg、Sーメトプレン120.0mg
犬用は1ml中にフィプロニル100.0mg、Sーメトプレン 90.0mg

 

S-メトプレンの量に違いがあります。また、猫は犬ほど皮脂腺が発達していないので、薬剤が体表に広がりにくくいそうです。

 

※フロントラインは肩甲骨に滴下後、薬剤は皮脂腺に蓄えられ皮脂と共に全身に拡散します。

 

S-メトプレンの含有量の差が、どれだけ駆除に影響が出るかは研究者ではないのでわかりませんが、犬・猫個別に研究と検証を行って、それぞれ製品化されていることは確かです。

 

獣医さんでも犬用を使っているなんて噂も耳にしますが(特にネットでは)、やっぱり猫には猫用の駆虫薬を使うほうが無難だと思いますよ。

 

 

フロントラインプラスは輸入品が本当に安いのか!?

 

フロントラインの製造はフランスのメリアル社です。国内で販売されている製品はパッケージを日本向けにしてある輸入品です。

 

となると、海外から輸入したほうが安いのでは?って思いますよね。確かにそういう商品が多いですし。今は個人輸入代行サイトがありますから、簡単に購入することができます。動物医薬品は特に人気です。

 

フロントラインと同じくらい知名度のある駆虫薬の『レボリューション』は要指示薬品なので、基本的に国内での販売は動物病院や動物医療関係者が対象です。

 

こういった薬品は海外からの個人輸入に人気が集まっているわけです。

 

フロントラインシリーズは、ご存知のように楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどで国内流通品が販売されています。輸入品とのお値段の差は・・・?

 

個人輸入代行サービスで動物医薬品を多く扱っているサイトとしてペットくすり元気ペットがあります。それぞれフロントラインプラスを扱っています。


フロントラインプラス猫用6ピペット入り

まずは『元気ペット』さん。
パッケージが日本国内向けとは異なります。こちらで扱っている商品はすべて正規品です。安心ですね。

 

気になるお値段ですが、通常定価は6ピペット入りで

 

\5,890
セールも頻繁に行っているのですが、お高い・・・。

 


業界最安値!?大人気猫用フロントラインプラス6本入り

次は『ペットくすり』さん。
こちらも正規品です。セット販売もありますが、1箱の場合のお値段は、

 

\5,890

 

でした。こちらのサイトは、会員登録すると獣医さんに無料相談ができるサービスがあります。何度でも無料です。

 

このサービスはありがたいですね。

 

結論から言うと、フロントラインプラスは輸入品は安くないということです。楽天などの国内流通品を購入する方が経済的です。

 

「フロントラインプラスを楽天で賢く購入」まとめ

 

フロントラインは、20年以上の販売実績を持ち、いまでも獣医師に指示されている優秀なノミダニの駆虫薬です。

 

動物病院で購入すると大体1本1,000円以上します。多頭飼いである我が家は少しでも費用は抑えたい!今回はふだん使っている楽天市場でどこが安く購入できるか調べました。

 

2019年4月現在の安く購入できた時の1本あたりのおおよその値段はこちらです。

  • 3本入り→1本当たり730円くらい
  • 6本入り→1本当たり630円くらい
  • 12本セット→1本当たり600円くらい

動物病院で購入するより全然安いです。楽天で賢くフロントラインプラスを購入するために気をつけたいことは2つ。

  1. 最安値がわかりにくい
  2. 使用期限をしっかりチェック

最安値については上記に貼ってある3つのリンクで確認してくださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る