猫の食事はキャットフードだけ?

猫の本来の食事に近づける食生活とはなんだろう?

私たちの横で油断しきって和んだ寝姿で(緩みきった顔かもしれません)寝息を立てている可愛い愛猫。でも、猫は真性の肉食獣です。歯の並びや形状や腸の長さがそれを物語っています。

 

猫の食生活を多角的に考える

肉を引きちぎる鋭く尖った4本の犬歯、ほとんど噛まずに飲み込むため臼歯が少ないのが特徴です。腸も、たんぱく質の消化と吸収に特化し、草食動物に比べてずっと短いです。

 

ライオンやトラ、ヒョウなどネコ科の勇ましい彼らと同じ能力が備わってます。

 

猫って、ずいぶん前から私たち人間の近くにいる存在のように感じられますが、「衣食住」のすべてを飼い主である人間がまかなうようになったのはほんの少し前からです。

 

それまで猫は、人のそばにいながらも自立した存在!飼い主からもらうごはんとは別に、ネズミなどを捕食してしっかり必要なたんぱく質を摂っていました。

 

その当時は、鋭い牙や爪が本来の役割を立派に果たしていたことでしょう。まさに、『飾りじゃないのよ犬歯は』ってことですね。

 

そう考えると、現在の猫も本来は狩ったばかりの新鮮な獲物を丸ごと食するのが自然といえます。

 

・・・さすがにそれはできないので(少なくとも私はできないー!)、大方の猫はキャットフードを主食としています。そこで、どのキャットフードが良いのか、飼い主はいろいろ考えるというわけですね。

 

昭和の時代には、人間の残飯ともいえる「ねこまんま」を与えられていただけの猫が、平成になり家族の一員と考える人が増え、猫専用のフードを用意するようになりました。

 

猫に必要な栄養やエネルギーについても研究がすすみ、寿命もぐーんと伸びたのは喜ばしいことです。

 

令和になり、これからは栄養素など数字上のことだけなく、猫本来の食事に近づけることを考慮する風潮になってきました。

 

ヒトもネコも長生きのコツは、腸内環境の健全化。腸が元気になることが免疫力の強化につながります。

 

愛すべき猫たちが、健やかでごきげんなネコライフを送れるよう、しっかり勉強しないとダメだな・・・愛猫の可愛い寝顔を見ながら、改めてそう思います。

 

猫の食生活を多角的に考える

猫の食生活を多角的に考える記事一覧

猫の食事に関するアンケート調査によると、主食にドライフードを与えている飼い主は7割、ウェットなど他のものと併用している場合では約9割にものぼります。人間にとって使い勝手が良いのは断然ドライフードです。さらに、獣医さんもドライフードと水だけで十分、と言うことが多いようです。この場合のキャットフードは総合栄養食を前提にしています。確かに、十分な栄養を摂るという意味では総合栄養食のドライフードと水だけで...

無添加キャットフードと聞くと、なんだか体に良さそうな気がします。キャットフードに限らず、人間の食品を選ぶときも、「添加物の少ないもの」を基準にしていることも多いですしね。そもそも、食品やペットフードに加えられる添加物とは何でしょう?また、それぞれの添加物はどんな目的を持って加えられているのでしょう?キャットフードに加えられる添加物の目的は?添加物はたくさんあり、その使用目的もいくつかあります。おお...

私のまわりの猫飼いさんにも、最近はキャットフードをローテーションしている人が増えています。なぜそうするのか?フードローテーションは猫にとって本当に必要なのか?気になりますよね。ネット上では、フードローテーションは必ずしも必要ではないという意見も目立ちます。確かに、総合栄養食として販売されているフードは、それと水だけで猫の健康を維持できることが前提です。もちろん、キャットフードの質が重要なことは言う...

毎年ペットフード協会が全国犬猫飼育実態調査を行っています。現在の飼育数や飼育頭数の推計をはじめ、平均寿命、飼育形態をまとめたものです。その中に、犬猫の食事に関する調査もあって、どんなフードを与えているか・市販のフードの購入実態など、多くの人がどのように猫に食事を与えているかが垣間見ることができます。予想通り、犬猫ともに市販のドライタイプを主食としている場合が多いという結果でした。これを踏まえ、現代...

page top